大山崎駅徒歩5分!

大山崎で首・肩・腰・膝の痛み、スポーツ障害でお困りの方はゆらく整骨院へ

京都府乙訓郡大山崎町大山崎尻江58-6P有

お問い合わせはお気軽に。075-963-5001
【受付時間】
平日 9:00~13:00/16:00~20:00
土曜 9:00~13:00/15:00~17:00
水曜午後・日曜・祝日休診
京都府ゆらく整骨院スタッフブログ

テレワーク(^-^)‼ 首が痛い~(>_<)~ゆらく整骨院~|2020/07/07

こんにちは。

京都府乙訓郡、大山崎町のゆらく整骨院です。

コロナウイルス騒動で自粛されてた方・職場環境が変わりテレワークが増えた方!

長時間、スマートフォンやタブレット・パソコンの見過ぎで首が痛くなったことはないでしょうか?

 

当院へ来られる方も首の痛みを訴えられることが多いです!

イスに座っている姿勢を見せてもらうと『ストレートネック』が大半でした。

ストレートネックとは、首には元々前側に湾曲があるC型の構造をしています。

この湾曲が真っすぐ棒状になった状態をいいます。

 

間違った座り姿勢の多くは、

肩と首の境目を支点として、「頭全体が前方へ移動」・「顎が突き出る

=結果、背中の筋肉が硬くなり後頭部が下がり首の後ろ側が詰まることで痛みが発生!!

 

正しい姿勢を意識できると、

耳の後ろが動きの支点になります。「顎を引くことで後頭部を上げる」姿勢を意識できるといいでしょう!(^^)!

 

しかし、すぐに正しい姿勢が維持できることは難しいです。

まずは、背中の筋肉の張りを取り除く必要があります。

背中に張りがあると後頭部を上げる動作でツッパリが出て、動きを邪魔してしまいます。

さらに、『顎を引く』という動きを再教育する必要があります。

長年、間違った姿勢をしていると、顎を引くという動きを忘れています。

正しい動きを脳へ覚えさせる必要がありますので、治療後、みなさんへ簡単な首のエクササイズをお伝えしています!(^^)!

 

首のコリがなかなか取れない!

症状の改善がない!

揉んでもほぐれない!

という方、一度首の動きを修正してみませんか?

関節は正しく動かすことが大切です。

悪いクセで無理に動かすと、どこかで突然の痛みがやってきます!

1つしかない身体を大切にしましょう(^^)/

順調に回復!(^^)!今までの不安が取れたね♪~大山崎町、ゆらく整骨院~|2019/12/19

こんにちは。京都乙訓郡、大山崎町のゆらく整骨院です!

今日は嬉しい患者様からのお声をご紹介します。

「お友達からのご紹介で、サッカー中にケガをした息子を診察していただきました。それまで通っていた病院ではあまり回復を感じられませんでしたが、こちらでお世話になり始めてからは息子本人も「痛みがなくなってきた」と言う程でした。いろいろアドバイスもいただき、助かりました。」

 

少年サッカーをされている男性、膝のお皿付近の下辺りが運動中に痛くなり、プレーが続けられないそうでした。痛みが出ている部位は『オスグッド病』でよくみられる箇所!

疼痛動作をチェックしてみると、踏み込み動作や膝の曲げ伸ばしで特に痛みが増加します。

その付近の皮膚の動きを触ってみると膝内側からスネの内側のラインにツッパリがあり、組織に滑走不全がみられました。

このツッパリを仮修正した状態で、もう一度疼痛動作を行ってもらうと痛みが軽減しスムーズな動きが戻りました。

痛みは、この付近の筋膜が引っ張られたことでストレスが膝下に集中し痛みが出ている様でした。

 

では、なぜスネの内側の筋膜が硬くなっているのでしょうか??

再度足をチェックしてみると、足裏土踏まずが潰れていて「扁平足」を発見!

さらに扁平足になる原因を探ると、親指がしっかりと動いていないことが見つかりました。

結果、

親指をしっかり動かすことができていないことで、→①土踏まずが崩れて扁平足→②足首が内側へ傾くことでスネの内側の筋膜が引っ張られる→③このストレスが膝の内側を通ってお皿下に集中→④お皿下に痛み発症

と、いう動きのクセがありました。

 

治療は、スネの内側の筋膜をリリース!

親指の周辺も硬さがあり、リリース・リリースを繰り返して指を曲げやすくしていきます。

次に、「親指を曲げる」をいう動きを再教育していく運動療法を取り入れていくと、土踏まずの機能が回復してきます。

日に日に、痛みが軽減し動きも大きくスムーズになってきました(^^♪

 

今では足が整ったことで身体が安定し、相手に当たり負けがしなくなったそうですよ!!

痛みは単なる症状』です! 原因は必ず違う箇所に隠れています。

そこが見つかれば順調に回復し、再発防止にも繋がりますね!(^^)!

 

ぎっくり腰になっちゃった(*_*;~大山崎町・ゆらく整骨院~|2019/08/20

こんにちは!京都乙訓郡、大山崎町・ゆらく整骨院です(^-^)

3日間、お盆休みを頂き、ゆっくり過ごそうと考えていました・・・が!!

初日の朝、椅子の上の新聞を取ろうとした際に『ピキッ!』っと左の腰に激痛が(>_<)。。

そうです!ギックリ腰です!!

 

もともと左の腰が弱く、数年後以来の再発でした。

では痛む箇所と疼痛動作を確認しよ~と治療家の思考回路が働きました!

痛むところは骨盤の後ろ側にある骨の突起部の左側【左仙腸関節

痛みが出る動作は、「身体を左に捻る動作」「背中が丸まるぐらい低い椅子などに座る動作」「左足を引き寄せて靴下や指先を触ろうとする動作」・・・といった動作ですね!

意外と日常生活動作は普通に動け、左足を深く曲げなければ大丈夫でした。

これらをまとめると、新聞を右腕で取ろうと「左足を1歩前で右腕を伸ばして少し身体を左に捻りながら前かがみになる不良姿勢」による左仙腸関節の『ロッキングだと分析しました!

 

では、治療です!(もちろん自分で!)

まず、動きの悪さがどこまで広がっているかを皮膚の動きで確認をします。

左腰付近から皮膚を動かしてみると、「左股関節前面」「左内もも」「右の横腹」「左の背中」の4か所に皮膚のツッパリを見つけました(^-^)

では実際に4か所の皮膚を1か所ずつ摘まんで『筋膜の仮リリース』した状態で痛みが出る動きを行うと、痛みが軽減!!とくに変化が現れたのが『左内もも』でした。

変化がわかれば、あとはリリースをしてロッキングが解除されるのを待つのみ!(^^)!

自宅だったのでメディセル治療器がなく、自己リリースで痛みを我慢しながら続けました!

翌日は半分程度回復し、治療を継続しながら3日後には問題なく動きが戻りました(^^)/

 

そんなぎっくり腰生活と治療期間で終わってしまったお盆休みでした(^-^;

 

痛みは突然やってきます!

しかし、原因は日常生活での様々な動きの“クセ”です。なので、痛みが出ている箇所は【単なる症状】、原因は他の場所に隠れていることが多いです。

 

少しでも痛みが残るようであれば無理をせず、一度ご相談ください!(^^)!

腰痛ヘルニアの痛みが早く取れた!~大山崎町・ゆらく整骨院~|2019/06/19

こんにちは!京都乙訓郡大山崎町、ゆらく整骨院です。

今回は以前、腰のヘルニアと診断され定期的に痛みが発症し、いつもより痛い期間が長く感じられたため来院されました。

大阪・水無瀬に在住の50代女性です!

「もともと椎間板ヘルニアがあり、腰痛に悩まされていました。今までなら一度痛めると2~3ヶ月寝ても起きても痛かったのですが、ゆらくさんに通い出してからは痛めても1週間程でウソの様に楽になりました。とにかく痛みを取ってくださる先生の腕には感謝しています。」

 

嬉しいお言葉を頂きました!(^^)!

最初に身体をチェックすると、確かに腰椎に歪みがあり、ヘルニアと診断されたことは把握できました。

しかし、一番気になったのは「わき腹から腰・お尻付近まで」の『皮膚の硬さでした!

仕事で長時間、イスに座っているとが多いようなので、その姿勢から筋膜がガチガチに癒着し動きが制限された可能性がありました。

問診時に痛みが出る動作を聞くと、「立ち上がるとき・身体を反るとき」でしたので、わき腹付近の筋膜の癒着を仮リリースした状態でもう一度動いてみると痛みがなく、可動域が大幅に広がりました(^^)/

アプローチポイントが見つかれば、あとはメディセル筋膜治療器でわき腹から腰・お尻付近までの筋膜をリリースしてリリースしてリリース(*^^)v

 

治療後、もう一度動いてもらうと問題なく動けました!!

まだまだアプローチポイントが残ってそうなので1週間で3回程度通院して頂き、日常生活に問題がなくなったのでしばらく様子を伺うことにしました。

 

ヘルニアや坐骨神経痛は、神経自体に問題があるわけでなく、その周囲の動きが原因で腰骨や椎間板にストレスが集中し発症することがあります。

まずは、身体の状態をチェックしてみないとわからないことが多いので、長年悩んでおられる症状があれば一度ご相談ください!

予約】ができますので、まずはお電話ください!(^^)!

急な首の痛み、急上昇中!!~その原因は?~|2019/03/16

こんにちは!京都乙訓郡大山崎町のゆらく整骨院です。

2月後半から急な首の痛みを訴える方が多いです(>_<)

「朝起きたら首が痛い!!」

「首が回らない!!」

「上が向けない~!!」

寝違えですよね!?(^-^;

 

みなさんに共通していることがありました。

それは、、、

巻き肩』です(‘◇’)ゞ

腕全体が内側に巻き込まれていることで背中が丸まり、猫背の様に見えることです

いまの社会は、パソコンやスマートフォンが普及し、腕を内側へ巻き込んで作業することが多くなっています。

この状態だと、後ろ側の「首から肩の筋肉」がコルクの様に巻き込まれてツッパリが強くなります!

長時間集中したストレスが睡眠で疲労回復ができず、強縮した状態が朝方に痛みとして現れてきます。

 

前日に荷物をたくさん持った、上での作業が多かった。などの他にも原因はありますが、日常生活動作を行う前に既に筋肉にストレスがかかってしまっていることはよくありません!!

 

腕の可動域をチェックしてみると、

ラジオ体操でやる深呼吸の動作をしてもらうと、やはり腕を体の後ろまで動かすことが出来ません。

腕を外側に向けて胸を広げることができないのです!

 

治療は、腕全体が内側へ捻れている【筋膜】をメディセル筋膜治療器でリリース(^^)/

1回の治療で捻れはリセットできました。

それだけで首の筋肉へのストレスが分散できるので可動域が戻ります!

あとは筋肉のこわばりが残りますので緩めればOK!!

 

首回りがスッキリしないと感じている方!

その原因は『うで』にあるかもしれません(^-^)

少しでも気になるようであればご相談ください。

座っていると腰が痛い!!その原因は!?~乙訓郡・ゆらく整骨院~|2019/02/01

こんにちは!京都乙訓郡大山崎町、ゆらく整骨院です。

患者さんから頂きました!(^^)!

30代女性、事務仕事で1日中イスに座っておられます。

午前中は気にしないのですが、昼過ぎから仕事が終わる頃に常に腰が痛くなってくるそうです。

姿勢をチェックしてみると、背中が丸まり『猫背』の傾向がありました。

しかし、立った状態だと背骨は真っ直ぐになり曲がっているように見えませんでした

座ると背中が丸まる・・・立つと真っ直ぐになる・・・。

ということは、座る姿勢のとき、股関節がうまく曲がらず背中を丸めないと事務作業ができない❝クセ❞でした(>_<)

 

普段から股関節を動かす習慣がなく、代わりに背中を丸める❝クセ❞があり、股関節の可動域チェックをするとほぼ動いていません

股関節の前側の筋膜をリリースして詰まりを取り除き、ツッパリの原因となっている後ろ側もリリース!!

すぐに正常可動域に修正できました。

しかし、『股関節を動かす』という神経伝達を改善しないと予防ができないので自宅で出来る簡単な生活動作を指導(^^)/

クセはすぐに改善ができませんが、数週間で動きの修正に成功しました!!

 

座っていると腰が痛くなる方!

写真の動作でチェックしてみて下さい。

◎椅子に座り腕を真っ直ぐ伸ばしたまま指先を壁にタッチしようと上半身を前に倒してみて下さい。

股関節の前側の付け根がしっかり折りたためればOK!

背中が丸まってしまう場合は股関節が硬いです。

『肩こりや腰痛が辛かったのですが、通うたびに少しずつ良くなってきました。体の使い方を教えて頂き、普段の生活にも活かしています。先生も気さくで色々教えてもらえるので体の根本から変わってきたなぁと思うこの頃です。』

産後の骨盤ケアは最初の「3ヶ月」が大切!~乙訓郡大山崎町、ゆらく整骨院~|2018/11/15

こんにちは!

京都乙訓郡大山崎町の、ゆらく整骨院です。

 

世間では少子化問題が言われていますが、ここ大山崎町の出生率は京都府の平均より高く、全国平均並みで出産が多いです。

産後のケアで当院に来られている方も2人目・3人目を授かった方もおられ、出産が多く感じます!(^^)!

しかし、産後のケアのタイミングがみなさん理解させておられなく、1年を過ぎてから来られたり症状が出てから来られるなど、バラバラで骨盤のケアについては情報量が少ないように感じました。

 

そこで今日は産後について「いつから始めたらいいの?」「なぜケアする必要がある?」の疑問に答えます(^^)/

まず、出産により緩んだ骨盤は約3ヶ月後から徐々に固まり、半年から1年をかけてゆっくり元の状態に戻ります

一般的に骨盤矯正は骨盤が安定し始める「3ヶ月後」からスタートしますが、「歪んだ状態が固まり始めてから矯正するとなると少し身体への負担が大きくなります」

そこで、当院の産後ケアの考えは出産後、骨盤が緩んでいる期間に“歪みを戻し維持していくこと”で3ヶ月以降、骨盤が安定するタイミングではすでに骨盤が整っていることになりますので効率良く・身体への負担も最小限でケアすることができます!

※図が見にくいようであれば“クリック”すると拡大できます

また、

産後でもう1つの悩みが『産後太り』だと思います。

この原因は妊娠時の姿勢が修正されていないことです(^-^;

約3キロの赤ちゃんを数か月お腹の中で育ててきましたので重心が前側になり“反り腰”や足が開いてしまう“ガリ股”などの妊娠姿勢です。

3ヶ月以降、骨盤を定期的に観察しながら妊娠姿勢を改善していく治療に切り替えていきます!

 

骨盤が安定し、妊娠姿勢も改善されることで基礎代謝が戻り、みなさんが悩んでおられた以前のズボンが履けた・尿漏れが治まった・気持ちが落ち着いた・寝返りができるようになった・冷えを感じにくくなったなど、変化を実感してもらえました(^^)/

 

出産から数か月・数年経っていても改善できることはたくさんあります!

これから出産を迎える方は退院され、「1週間後」からスタートできます。

出産から数年以上経過されているかたは、一度身体をチェックさせて頂き、改善箇所を探します。

 

出産は【人生最大の負荷】が身体にかかります。

子育て大変かとは思いますが、まずは自分の身体を第一に大切にしてください!(^^)!

 

産後ケアのお問い合わせは、☎075-963-5001

予約できます!

産後の骨盤ケア☆1週間後から開始できます!(^^)!【京都大山崎町、ゆらく整骨院】|2018/07/10

こんにちは!京都乙訓郡大山崎町、ゆらく整骨院です。

いま、出産を終えた方が身体のケアでたくさん来られています(^^)/  

出産は、身体に『人生最大の負荷』がかかると言われています!

 

産道を広げるために【リラキシン】と言われるホルモンを血液中に分泌し、骨盤回りの靭帯を緩めます。

この作用で骨盤が歪み、痛みや産後太りの原因となります。

しかし、ホルモンは血液の中に分泌されるので「全身の靭帯が緩む」ことになります。

・立ち上がるときに膝が痛む

・腕で身体を支えると手首が痛い

などの症状もホルモンが関係していると考えられます(>_<)

(全身の関節のネジが緩んでいるイメージですね)  

さらにホルモンバランスが崩れることで体質が変わり、なかには性格が変わってしまった!という話も聞きました。  

身も心もボロボロな状態で子育てとなると大変です!!  

 

産後の身体は、半年から1年をかけてゆっくり戻ってきます。

骨盤は、3か月後ぐらいから安定し始めますので、この頃から産後のケアをされる方が多いです。  

しかし、出産から3ヶ月の間、安定するためにどれだけ良い状態を作っておくかで今後の身体の変化に差が出てきます!  

当院では、この3ヶ月間に集中してケアをすることで早いタイミングで症状を緩和し、落ち着いて子育てが出来るように体を整えます(^^)/

それも、出産から1週間後からスタートできます!!  

 

少しドタバタする時期ですが、まずはお母さんの身体をケアすることを優先してみてはいかがでしょうか??  

時間に余裕がない方は、ぜひ予約ください。 ☎075-963-5001

 

 

インターハイで全国大会へ進出(^^)/【大山崎中学:新体操、乙訓高校:フェンシング、向陽体操クラブ:バトントワリング、高槻高校:アメリカンフットボール】~大山崎町ゆらく整骨院~|2018/06/25

こんにちは!京都乙訓郡大山崎町、ゆらく整骨院です。

春から夏まで、学生はインターハイの時期ですね!(^^)!

当院でケアされている学生さんが好成績を残しています。

 

大山崎中学校のFくん、新体操で地区予選で優勝し8月の近畿大会へ出場決定!!

去年は、さらに11月の全国大会へ出場を決めているので今回も期待が出来ます!(^^)!

 

乙訓高校のTさん、フェンシングで地区予選を1位通過、県大会でも好成績で抜けることができ、全国大会出場(^^)/

大山崎町はフェンシングが盛んです!

オリンピックに向けて1歩1歩、前進です!(^^)!

 

向陽クラブ在住のHさん中学生、大けがを乗り越え順調に競技復帰!

去年は全国大会へ出場を決めています。

6月の大会で勢いをつけて秋の全国予選に挑みます!(^^)!

 

高槻高校アメリカンフットボールのHくん、関西大会で見事優勝し、高校最後の大会を制しました(^^)/

大会前から期間中、常に新しいケガのお土産を頂きましたが、チームから抜けることなくスタメンで頑張ってくれました!

あとは勉強だね(^^♪

 

日頃からケアしているスポーツマンが活躍している姿が嬉しくてたまりません!!

特別な指導をしたわけでなく、競技を行う前の【基礎動作】が整うことで練習をしなくてもパフォーマンスがあがります。

逆を言えば、基礎能力が低下しています

・詳しくは→http://yurakusekkotuin.com/blog/2018/01/%E3%80%90%E8%AC%B9%E8%B3%80%E6%96%B0%E5%B9%B4%E3%80%91%EF%BD%9E%E5%BD%93%E9%99%A2%E3%81%AE%E3%81%94%E7%B4%B9%E4%BB%8B%E3%81%A7%E3%81%99%EF%BD%9E.html

 

パフォーマンスがあがらず、迷っている方は一度ご相談ください!

ゆらく整骨院 ☎075-963-5001

予約できます

hyousyou_sports_woman

バトントワリングで太ももを痛めた(>_<)【ゆらく整骨院】|2018/06/14

こんにちは!京都乙訓郡大山崎町、ゆらく整骨院です。

今回は、太ももの肉離れです!

 

中学生の女性、バトントワリング競技者で左足を大きく上に振り上げたときに右の内ももを痛めたようです(>_<)

整形外科やほかの接骨院に通院されていたようですが改善がなく、知り合いの紹介から来てくれました!

全国大会に出場もされており、痛め止めを服用しながらの出場だったようでしたが満足な演技が出来なかったそうです。

 

状態を確認してみると、内ももにある【薄筋:はっきん】と、もも裏の【半腱様筋:はんけんようきん】が足の付け根付近で肉離れした形跡があり、患部がこぶし大ぐらいに腫れ上がっていました(>_<) 当然、下半身を使った練習はできていません!

 

初日は、メディセル筋膜治療器を使って患部のリンパの流れを改善!(^^)!

治療後、こぶし大の腫れがなくなり動いてもらってもツッパリ感が軽減されました。

2回目の治療で再度腫れ上がることはなくなり、膝近くまで癒着している組織をリリースを3回程度行うと、練習に参加できるぐらい回復しました(^^)/

 

通常、痛みを取り除くだけの治療であればこの時点で終了になりますが、動きの“クセ”を分析すると腰と骨盤・股関節の運動連鎖に問題があり、練習を繰り返しても再発の可能性があり、パフォーマンスも上がりにくい使い方をしていました。

実際に、「しゃがみ込みテスト」を行うと、やはりしゃがむことができませんでした(>_<)

練習に参加しながら治療で動きの修正を行い、来院から2週間で今までの身体の動きの違いを感じてもらえました。練習も以前より楽しさが倍増したそうです!

 

前回は全国大会で満足な演技が出来なかったので、今年は良い結果が出るといいですね!(^^)!

img079

「3ヶ月前、右の太ももの痛みに悩んでいて、精神的にも苦しんでいました。今まで他の整骨院や整形外科へ行っても全く改善がみられず・・・。あきらめかけていましたが、友人のおすすめで来ました。やっと原因もはっきり分かり、なっとくのいく説明もして頂き、本当に安心しました。もっと早くに来たら良かった!と思うばかりです。」

 

1 2 3 4

お問合せ・ご予約はこちら

ゆらく整骨院。お問い合わせはお気軽にどうぞ。075-963-5001
TOPへ戻る