大山崎駅徒歩5分!

大山崎で首・肩・腰・膝の痛み、スポーツ障害でお困りの方はゆらく鍼灸整骨院へ

京都府乙訓郡大山崎町大山崎尻江58-6P有

お問い合わせはお気軽に。075-963-5001
【受付時間】
平日 9:00~13:00/16:00~20:00
土曜 9:00~13:00/15:00~17:00
木曜午後・日曜・祝日休診
京都府ゆらく鍼灸整骨院スタッフブログ

姿勢と重心③ | 2016/05/26

こんにちは(^^)/ 京都大山崎ゆらく鍼灸整骨院です!

最近は、患者さんが『全国出場』を決めたり、今年度から部活動を開始した学生がメンバー入りを果たしたり、ケガが治りようやく練習に復帰できたりと運動競技者が輝いています!(^^)!

今年は、8月にブラジルで『リオデジャネイロオリンピック』が開催されますよね☆

楽しみです(*^^)v

 

そんなスポーツが盛り上がっている時期に、

姿勢と重心】第3弾(*‘∀‘)

今回のテーマは、『動きのクセ

前回まで、「重心の位置」「安定に必要な機能」をお伝えしましたが、今回は実際に身体を動かしたとき、どのように重心が移動し、身体を安定させるためにどんな動きをするのかをお伝えします!

 

では、

まず足を揃えて踵を浮かさずに『しゃがむ』ことはできますか??

DSC_0064845

 

“しゃがむ”という動作は、【足部・足首・膝関節・股関節・骨盤・背骨】が均等に動くことで可能になります!

踵が浮いてしまったり、左右にバランスを崩しそうになったり、どこかの筋肉を必要以上に力を入れないとできないという方は、どこかの関節の動きが悪いことです(;’∀’)

この動作は『基本レベル』なので、できなかった方は日常生活や運動動作が正しくできません。

まず、しゃがむ動作ができるように治療できるといいですね!(^^)! ⇒ 姿勢改善療法

 

では、しゃがめないのはどこが悪いのでしょうか??

簡単なチェック方法があります!

◎まず、足を少し開き、つま先は真っ直ぐ前を向くように立って下さい。

◎つぎに、椅子に座るようなイメージでふとももが地面と平行になるぐらいまでお尻を下ろしてみて下さい。

グラフィックス121215

 

このとき、重心が基底面上(足の裏)にあれば正常に動かせています!

 

足首が固い場合、膝が曲がらずお尻だけが後ろへ倒れていきます。

重心を安定させようと上半身を前かがみにする特徴があります。

【この動かし方では、『腰痛』を引き起こしやすい】

img006653

 

 

股関節が固い場合、お尻を下ろしたときに前かがみで重心を安定させることができないので、必要以上に膝を曲げ、下半身の重心を前方へ移動させる特徴があります。

【この動かし方は、『アキレス腱炎・膝痛』を引き起こしやすい】

img006895

 

 

いかがでしたか??

練習をするたびに痛くなる原因は、こういったクセのある動作を繰り返している可能性があります(*‘∀‘)

 

各関節を滑らかにすることで多様な動きが可能になり、パフォーマンスアップに期待ができます!

小学生や中学生の時期から正しい動かし方を身につけることで『怪我の予防』・『競技レベルの向上』に繋がります☆

 

一度、チェックしてみてください(^-^)

 

次の、第4弾はどんな内容になるでしょうか??(*’▽’)

お楽しみに~♪

 

 

お問合せ・ご予約はこちら

ゆらく鍼灸整骨院。お問い合わせはお気軽にどうぞ。075-963-5001
TOPへ戻る