風邪薬は効かない!?

| コメント(0) | トラックバック(0)

こんにちは♪京都大山崎のゆらく鍼灸整骨院です!(^^)!

10月に入り気温が下がり始めましたね!

乾燥注意報も出てるみたいで車から降りようとしたときによく指に静電気が走ります(-"-)

これイヤですよね(*_*;

.

この時期の乾燥で風邪を引いている方も多いでしょう('Д')

引いてしまったとき、みなさんはどうされますか??

「とにかく"風邪薬"」

と、いう方が大半だと思います!

が、・・・

実は、風邪薬でカゼは治りません

ぼちぼち一般常識になってきましたね♪

.

風邪の症状に『せき・鼻水・くしゃみ・発熱』などがありますよね?

なぜ、このような症状が出るか考えてみたことはありますか??(*'∀')

.

せき鼻水くしゃみ

⇒空気中のウイルスなどの異物が口や鼻から侵入しようとすると身体が異物を感知し、せきやくしゃみで追い出そうとします! 粘膜に付着した異物は鼻水として体外へ放出し、侵入を防ごうとします♪

発熱倦怠感

⇒身体に侵入してきたウイルスは、白血球により撃退してくれます。このとき使っているエネルギーが発熱として現れます。さらに、ウイルスは37℃以上の熱に弱いです。全身の体温をあげることでウイルスを弱らせ、白血球の働きをサポートしています!

.

このように、風邪の症状は身体がウイルスと闘ってくれている証拠なのです!

風邪薬には、これらの症状を抑え

ウイルスが増殖しやすい環境を作っている

ことと同じことです(・.・;)

.

「症状は軽くなったけど、なかなか風邪が治らない!」

という経験はないですか?

まさにこれが薬を服用して起こる実態です(>_<)

.

では、どうすればよいか?

 ①熱の出始めは体温が逃げないように、保湿性のよい服装や寝具で安静にしておく。

 ②熱のピーク時は栄養補給が重要! 野菜や果物の"ビタミンC"、卵などの"タンパク質"、腸内洗浄に"乳酸菌"

 ③汗で濡れた服やシーツをこまめに交換し身体を冷やさないように! 水分補給もこまめに

.

大切なのは、身体がウイルスと闘っている環境の邪魔をしないようにすること!

しっかりウイルスを撃退できる力は持っています。

自分の本来の回復力に任せてください♪

.

ウイルス撃退まで3日~1週間は必要です。

ひどい時には1ヶ月かかる場合もあります!

39℃以上の熱が5日以上続く場合は別の感染で熱が出ている可能性がありますので早めに医師に相談ください(^^)/

    睡眠.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yurakusekkotuin.com/mt/mt-tb.cgi/58

コメントする

このブログ記事について

このページは、yurakuが2015年10月17日 11:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「☆急募☆鍼灸師」です。

次のブログ記事は「休診のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9