2015年7月アーカイブ

こんにちは♪ 京都大山崎町のゆらく鍼灸整骨院です。

普段、何気なく歩いたり立っていたりしていると思います(^-^)

でも、

  『しっかり立てていますか?』

と、聞かれると果たしてみなさんはどうですか??

考えたことがない方が大半だと思います!

.

院に来られている方に立ち方のチェックをした結果、ほとんどの方が"無駄な力を使って立っている"ことが判明( `ー´)ノ

簡単に言うと、

立っているだけで疲れる立ち方

.

人間の身体は、骨格とインナーマッスル(関節付近にある体を安定させる筋肉)が使えることで姿勢が安定します

それが、扁平足や外反母趾・猫背などの歪みがあると重心の位置がズレてしまい、不安定な立ち姿勢になります(-"-)

しかし、体は常に重心を真ん中に保とうとする働きがあります

.

例えば、左に傾いた身体は重心が左に移動したため、左側へ倒れようとします。

そのとき、反対側(右側)の筋肉(アウターマッスル)が作用し、重心を戻そうとします!

もともと左に傾いている姿勢の方は、常に右側の筋肉が働きながら立っている状態です。

・・・ということは、先ほど言った通り、立っているだけで右側の筋肉が疲れるイメージないですか??

         重心イラスト.png

この疲れが慢性的な肩こりや腰痛などのしつこい症状の可能性があります!(^^)!

ほどんどの方がこのように重心がズレ、アウターマッスルを使いながら立っているのです!

.

では、どうすればよいのか!?(^-^)

立っているとき、唯一地面に接しているのが足の部分ですよね!?

ここを治療します('◇')ゞ

いま、世間では子供の足に異変が起きていると話題になっています!

  『指が床に付かない・足の型をとると指が写らない』 立ち姿勢や歩行に足の指が使えていない

そう! まさにコレなのです(^^)/

.

慢性な肩こり・腰痛、猫背などの姿勢の悪さが気になる方

また、足が安定することでスポーツ場面でも軸足が安定し、パフォーマンスが上がることが期待できます♪

.

あまり姿勢に対する治療をされて来なかった方は変化を実感してもらえます☆

立ち方の簡単なテスト法もありますので、ご来院の際に一度お試しください(^^♪



ゆらく鍼灸整骨院公式サイトへ

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.9